おたくであること

今年は父親が栽培したスイカが豊作のうえ 甘くて美味しいのでびっくりです。

暑さでかなり心身ともにダメージを受けていたようで(睡眠不足もたたりました。)昨日、今日は「またメンテナンスが必要だな。」と感じました。
今日は雨のおかげで(?)気温も低く、事務処理がはかどりましたが!

アーユルヴェーダを本格的に勉強し始めたのはたった2年前ですが、幼稚園の頃からハーブや石や若干怪しいものに慣れ親しんでいたため、アーユルヴェーダを学ぶことは完全に趣味の延長線上にあったと言えます。

だから、単純に楽しくて仕方がありません!おたく道、マイペースに歩んでいます。

今日、スリランカで知り合ったDr.Wからなんと、4ヶ月経ってからメールの返事が来ました。ちょうど昨日「Dr.Wから連絡ないなぁ。」とブツブツ言っていたのでびっくりです。「遅くなってごめんしゃーい。(意訳)」この時差がなんとも言えず良い感じです。返事を頂けてとっても嬉しかったのですが、次のお返事はいつ来るのかな。。。と。今からだと12月??

秋からのメニューに「英語でアーユルヴェーダの本を読もう」(英語レッスンのメニュー)というものがあるのですが、その教材に使うと決めているのが、Dr. Vasant Ladの
Ayurvedic home remediesという本です。この本を使うと決めたのは、Vasant先生の人柄に感動したからなのです。
Vasant先生の事はスリランカでもDr.Sに勧められていたのですが、やっぱり素晴らしかった!です。
アメリカ在住のVasant先生はアーユルヴェーダの学校を開いていて、そのホームページでは無料のセミナーを公開しているのですが、すでに70回分もアップロードしてあるので、先週から毎日1回ずつ(それでも1回2時間)観ることにしています。

授業中に出る素晴らしいマントラ。(先生、歌がとっても上手なのです。)そして、自分で言って自分で笑うギャグ。(「ヒ〜ヒッヒッ。」という先生の笑いにつられて私も笑うのですが、先生のギャグを瞬時に理解出来る英語力は私にはありません。。。)

同じことを学んでもいつも新しい学びがあるのがアーユルヴェーダです。


アーユルヴェーダでは毎回の食事で6つの味(甘・塩・酸・辛・苦・渋)をバランス良く取ると良いとされています。サンスクリット語で6はシャド(シャッド)、味はラサ。シャドラサのハーブやスパイスのミックスを購入してみたのですが、大部分は苦味!目の覚める苦味ですが、興味のある方はお声がけください。味見してみてください♪ 


コメント