寒い日はあん饅を買いに

ごまあん。ふかふか。あつあつ。蒸籠で蒸し立てが1番!Ayurvedaお休みのひと時。

以前働いていたところで私が辞める日にHさんとSさんとなぜか「甘い物」談議になりました。Hさん(男性)は大の甘党ということでお勧めの甘いものをいろいろと教えてくれました。そんな中、HさんとSさん2人が共通で「ここは美味しい、お勧め!」と教えてくれた中華饅やさんがあり、「人から勧められたものは一応何でもトライ!」が信条の私はそのお店へ行くことを決めたのでした。(でも遠い...。)

先日、2度目の訪問を果たしました。
1度目に訪れた時に1番感じたことは、「お店の人がとってもいい!」ということ。
そして2度目も「やっぱり、お店の方たちがとっても優しい!」と感動。

あん饅はもちろん美味しいのですが、優しい皆さんに大満足なのです。Hさん、Sさん、素敵なお店を紹介してくれてありがとうございます。リピートしてますよ〜〜〜(心の声)

この前一人で買い物をしていた時も、どのお店の人もとびきり優しく、「今日は何てラッキーな日なんだろう!」「皆さんがハッピーでありますように!」(いつも勝手に念を送ってしまう私)と一人嬉しくなっていました。

やっぱり、どんな人間関係もお互いにまず存在に対して「リスペクト」があるのが前提かなぁと思います。それが一番良い距離を生むし、気持ちが良いと感じます。

本音を話すと相手がもう私の存在を「リスペクト」してないのだろうな、と感じたら私はさささ〜っと姿を消します。

反対にこちらがどんなに「リスペクト」していても伝わらないこともしばしばですが、それは相手の問題なのでしばし放っておきます。
しばらくすると、あれっ?というくらいの笑顔で心を開いてくれることが多いです。

心に優しいほかほかのあん饅。寒い日の学校の帰りの買い食いにぴったりです。(注:AyurvedaではNGな食&行動ですが個人的な意見です。)

コメント