イケメンと映画



イケメン、と書くとなんだかものすごく軽い感じですが、リバー・フェニックスはただのイケメンではございません。今考えても、ものすご〜く稀有な存在だったと思います。

私が中学生だった頃、すでに映画漬けの毎日だったのですが仲の良かった友達が大のイケメン好きでリバー・フェニックスの出ている映画のビデオ(まだレンタルビデオの時代)を近所のお店で借りていつも見ていました。当時の私はイケメンよりもちょっと変なおじさま俳優に目がなく、ゲイリー・オールドマンやスティーヴ・ブシェミやジャン=ユーグ・アングラードなどが好きでした。なので、リバー・フェニックスの作品を見てもピンと来てなかったのです。

ががが、時が経ち、数年前に「殺したいほどアイラブユー」を何気なく見てみたら!リバーの助演が光っていて感激し、すっかりファンになってしまっていました。(ウィリアム・ハートの助演っぷりも良かったです。)

う〜む。リバー。本当に雰囲気のある役者さん。でもなかなか作品には恵まれなかったかなぁ。とも思います。「スタンド・バイ・ミー」は良い作品ですが、私の中でのリバーのイメージとはちょっと違うかな?


インディ・ジョーンズに出ているを昨日見て、彼について書きたくなったのでした。

彼は、彼女の趣味もとってもいい!個性的な素敵なガールフレンドとの写真見ていて「いいわぁ〜」といつも思うのでした♡


コメント