映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』


ALS筋萎縮性側索硬化症と戦っている元アメフトスター選手のスティーヴ・グリーソンさんのドキュメンタリー映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』(原題:GLEASON)を観てきました。
彼の哲学的なところ、客観的に自分を見る知性や素直さに感動しました。彼が映画の中でも話している通り、この映画のテーマは父と息子であり、彼と彼のお父さんの素直な気持ちのぶつけ合いがとっても良かった(信仰に関することなど)です。
素直さと、愛情たっぷりのドキュメンタリー、多くの方に見ていただきたいです。

コメント