香りについて アロマセラピーとアーユルヴェーダ


何を隠そう、香り好きな私です。もちろん、自然な香りが好きです。。一番好きなのは、朝の空気の香り。起床時間が夏は4時頃、冬は5時頃なのでとびきりの空気を頂いております。

香りといえば、アロマセラピー。私もかなり長い間精油を日常的に使っています。以前はブレンドされていないシングルオイルを使っていましたが、今はブレンドされたものが多いかな?早く使いきらなくてはいけない柑橘系以外は何年も使っているのも・・・。(あまりよろしくないですね。中には熟成されていく精油もあるようなのですが)
精油はアーユルヴェーダ的にも植物のプラーナ(生命エネルギーッ!)が含まれているのでアロマセラピーではその恩恵を受けることができます。(きちんと丁寧に抽出された精油を使ってください。)
ハッカ油はレトロなパッケージが良いです↑。お掃除に大活躍です。さわやか〜な気分になりますね。精油をさらにキャリアオイルで薄めた香水系は毎日塗っても全く無くならないので、何年もの?か分からなくなりそうです。。。


たまに無性にお香が使いたくなるのですが、人工的な香りはむせるだけなので最近はMEADOWSのお香を使っています。短いのでもくもくにならないし、作り方、材料どれも信頼できます。パッケージもインドの新聞?で良い感じです。



コメント